一般歯科|綱島の歯医者 │ せきのデンタルクリニック │ 綱島駅から徒歩2分

せきのデンタルクリニック

0455414618

メールでのお問い合わせ

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました。ドクターズ・ファイルサイトへ移動

一般歯科


一般歯科について

  • 虫歯治療風景

    一般歯科の主な診察・治療は、虫歯の治療や歯周病の治療、ブラッシング指導など多岐に渡ります。
    以前は、一般歯科で治療をするのがオーソドックスでしたが、現在では目的や症状に応じて選択肢が広がっている状況になってきています。そのため、自分がどのような治療を受けたら良いか分からないという場合はまずはご相談頂く事が大切です。

    下記では一般歯科の中でも一番ご相談の多い虫歯治療についてご案内致します。

虫歯治療

虫歯は、歯が痛くなった時や定期健診で症状が発覚した時等に初めて受診するケースが多いのが特徴です。
本来は、歯が痛くなる前や虫歯として見つかる前に日々のケアを行う事で「虫歯にならない」ようにすることが重要です。けれども、どんなに意識をしている患者様でも体質や遺伝的な要素等で、虫歯になってしまう方も多くいらっしゃいます。

コンポジットレジン

小さめの虫歯をプラスチックで詰める治療法です。
コンポジットレジンは光を当てると固まる樹脂を材料にした詰め物です。
歯科で一般的に用いられる補綴物で、下記のようなメリットがあります。

コンポジットレジン
メリット
  • 白い素材のため見た目に違和感が出ない
  • 保険が適用される
  • 小さな虫歯に使用出来る
  • 歯を削らなくて済む場合が多い
  • 治療期間が短い

近年の虫歯治療では、見た目を気にされる患者さんでも、コンポジットレジンは白い素材のため、治療箇所が目立ちにくく、メリットを感じて頂いております。
また、歯を削らなくて良いケースが多い為、治療期間が短いという事も使われる大きなメリットとなります。

デメリット
  • 柔らかい素材のため、破損の可能性がある
  • 広範囲の治療には不向き
  • 数年単位で経過すると着色、変色する事がある

固まるといっても、元は柔らかい素材のため、大きな衝撃を与えると破損する可能性があります。
また治療後数年経過すると着色や変色する事もあります。

銀歯

銀歯は、安くて丈夫な事から、以前は主流だった詰め物です。けれども、現在は見た目を気にされる患者さんも増え、治療費用が上がってもセラミックなどを選ぶ患者さんが増えてきています。

銀歯
メリット
  • 値段が安い
  • 強度がある

昔から虫歯治療の主流だったのは上記が主な理由です。
日々使う歯なので、耐久性が高いというのは大きなメリットと言えます。

デメリット
  • 治療後処置箇所が目立ってしまう
  • 銀歯とご自身の歯の間に微小漏洩が生じて虫歯になる可能性がある

銀歯が使われる頻度が減った理由が、「治療箇所が目立つ」という見た目の部分が大きいです。
また、銀歯はセメントで合着しており、年数が経つと徐々にそのセメントが溶け出しすき間が出来てしまう為、汚れやばい菌が入り込み虫歯になる可能性があります。
また金属アレルギーの方が使えないという事もデメリットとしては挙げられます。

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

ドッグベストセメント治療は、鉄イオンと銅イオンを組み合わせる事で生まれる殺菌力を利用して、虫歯を削る事なく、菌を無力化する治療です。
また痛みをほとんど感じないことが特徴です。
理由としては、上述した「歯を削る必要が無い」事が挙げられます。
従来の一般歯科治療と比較すると複数のメリットがあります。

虫歯治療風景
ドックスベストセメントのメリット
  • 神経を切除せずに治療が出来る
  • 若い永久歯も虫歯で削る必要が無いので、小児の治療に向いている
  • 通院は2.3回程度で済むため、治療の回数が少ない
  • いわゆる「薬」ではないため、アレルギーの心配が無い
  • 永続的に殺菌効果がある
ドックスベストセメントのデメリット
  • 自費治療のため保険治療に比べて費用がかかる
  • ドックスベストセメントを適用出来ない場合がある

このように、一言で虫歯治療と言っても種類は数多くあります。ご紹介したのはそのほんの一部です。
冒頭でもお話をしておりますが、現在の歯科技術は発達しており、患者さんの様々な要望や症状に合わせた治療の趣旨選択が可能となっています。
ただ一番大切なのは極力虫歯にならないような日々のケアや、定期的な通院による歯のチェックを行う事で、そもそもの治療規模を減らす事が出来るという事です。

ささいな事でも構いませんので、お気軽にご相談を頂ければと思います。

ページトップへ