歯医者が教える、丈夫で健康な歯を保つために大切なこと|綱島の歯医者 │ せきのデンタルクリニック │ 綱島駅から徒歩2分

せきのデンタルクリニック

0455414618

メールでのお問い合わせ

WEB予約はこちら

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました。ドクターズ・ファイルサイトへ移動

歯医者が教える、丈夫で健康な歯を保つために大切なこと


歯医者が教える、丈夫で健康な歯を保つために大切なこと

痛くなる前に治療をする

「歯科治療は痛い」というイメージはなぜあるのでしょうか。
それは痛くなるぐらい症状が悪化して、仕方なく通院する患者さんが多いからです。
痛くなった歯を治療するのですから痛いのは当然ですね。
ですので、「痛くなる前」に歯医者に行くようにすれば「痛い」というイメージはなくなります。

どんなに毎日歯をきちんと磨いていても、磨き残しやストレスから虫歯になる事はよくあります。
とくに飽食と言われる昨今の食べ物は虫歯菌が好む成分を多く含んでおり、相当気をつけている方でも虫歯になる可能性が高いです。
日本の成人の90%以上は虫歯菌を口腔内に保有しているとも言われており、
なかには食事を行った後に毎回歯をブラッシングしているのにむし歯になってしまったという方もいらっしゃいます。

どんなに毎日歯をきちんと磨いていても、磨き残しやストレスから虫歯になる事はよくあります。より確実にむし歯を予防するためには、自宅でのセルフケア+歯医者での定期的なチェックが重要です。
口腔疾患と全身疾患は大きく関わりがあるとされ、歯周病等が原因で全身の健康に害が及ぶ可能性が示唆されています。
手遅れになる前に歯医者での定期的な検診、チェックを積極的に行うようにしてください。
そうする事で健康でいられるばかりか、重い症状に発展する前に処置を行う事により、治療費の節約や時間的な節約に繋がり、患者さんの利益になります。

痛くなる前に治療をする
痛くなる前に治療をする

家庭でのセルフケア(歯医者からのアドバイス)

歯ブラシによるブラッシングは、ほとんどの人が1日2回以上行っていると聞きます。
しかし、実際はみがき残しが多いのがほとんどです。「みがいている」と「みがけている」では大分意味が違います。
食事をしたら、プラーク(歯垢)のたまりやすいところを重点的に、口全体を丁寧に磨いて清潔な状態を保ちましょう。

使う歯ブラシについて

歯ブラシの交換時期は、みがき方やみがく回数によりさまざまですが、
歯ブラシ自体が損耗し劣化すると機能が低下します。
機能が低下すると今までと同じ時間、回数をブラッシングしても、プラーク(歯垢)をしっかり落とすことはできません。
交換の目安としては、1ヶ月をめどに新しいものと買い替えを行う事をオススメします。
毎月新しい歯ブラシに変更をする「歯ブラシ交換日」等を作ったりするのも良いと思います。

歯ブラシにはさまざまな種類のものがあります。
長さや・大きさ・毛先の形状や硬さなどがあり、口や手の大きさ、歯並びなどの口の状態、
歯間や歯肉の状況に合わせて最適なものを選択してください。
定期的な歯科健診を受け、歯科医師もしくは歯科衛生士さんからのブラッシング指導を受ける事をオススメします。
自分に合った歯ブラシの選び方やみがき方についてもご相談下さい。

歯医者からのアドバイス
歯医者からのアドバイス

歯科医院の選び方

痛くなる前に治療を行っても、家庭でいくらセルフケアを行っていても、
良い歯科医院へ通わなければ健康な歯は維持できません。
では良い歯科医院とはどのような医院なのでしょうか。

  • 歯科医師の治療レベルが高い
  • 受付さんや歯科衛生士さんの対応がいい
  • インフォームドコンセントをしっかりしてくれる
  • 待ち時間が少ない
  • 院内が清潔に保たれている

上記の条件に幾つ当てはまれば良い歯医者と言えるでしょうか。
正解は、すべて当てはまる医院が良い歯医者と言えます。

患者さんが訴える箇所の治療だけではなく、
全体を診ながら治療を進めてくれる歯医者は信頼のおける医院だと思います。

良い歯医者とは患者さんそれぞれで変わると思います。
せきのデンタルクリニックでは「患者さん一人ひとりに信頼される歯医者」を目指して日々精進しております。
何かお困りごとなどありましたらお気軽にご連絡ください。

歯科医院の選び方
歯科医院の選び方

ページトップへ