審美歯科|綱島の歯医者 │ せきのデンタルクリニック │ 綱島駅から徒歩2分

せきのデンタルクリニック

0455414618

メールでのお問い合わせ

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました。ドクターズ・ファイルサイトへ移動

審美歯科

当院の審美歯科

  • 当院の審美歯科
    一般的なホームホワイトニング、歯茎の血色をきれいにする歯肉のホワイトニング、ハイブリッドやセラミックなどによる白く目立たない被せ物等を行っています。とくに被せ物については、お願いしている技工士さんの腕が素晴らしく、本物の歯と遜色ないほどのクオリティです。
    また、院長は大学時代に被せ物を作っていた為、かなり厳しい基準で判断致します。患者さん自身は口の中のことなのでよくわからないかもしれませんが、毎日使うものですので、細かいところまできっちり行うことを当院は大切にしています。

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行います。専用マウスピースとホワイトニングジェル2週間分のセットです。1日1回、2時間程度を目安にお使いいただくと、個人差にもよりますが約2週間で輝く白い歯になります。

1セット(上下) 25,000円(税抜)
ハーフセット(片方のみ) 15,000円(税抜)

歯肉のホワイトニング(ガムビーリング)<自費>

歯肉のホワイトニング(ガムビーリング)<自費>

専用の薬液を歯茎に塗るだけで歯茎の血色を綺麗にする審美治療の事です。 約2週間程度で、ピンク色の歯茎に生まれ変わり、薬液による副作用などは一切ありません。 歯茎のメラニン色素が 強く出ている方やタバコ(ステイン)による歯茎の着色が気になる方へ大変お勧めしてます。

1セット(上下) 10,000円(税抜)
ハーフセット(片方のみ) 5,000円(税抜)

かぶせもの一覧

オールセラミック<自費>

オールセラミック<自費>

セラミックだけでできた白いかぶせ物です。自分の歯と同じ色ですので非常に自然です。自然歯のような透明感もあります。長年使っても美しさは変わらず、変色もすり減ることもありません。

審美性 ★★★★★
生体親和性 ★★★★★
費用 100,000円(税抜)

メタルボンド<自費>

メタルボンド<自費>

金属の上にセラミックを焼き付けています。外観はほとんどオールセラミックと同じです(裏に一部金属が見えます)。自然歯のような透明感もあります(少しオールセラミックよりは劣ります)。

審美性 ★★★★☆
生体親和性 ★★★★☆
費用 80,000円(税抜)

セラミックインレーラミネートベニア<自費>

審美性 ★★★★★
生体親和性 ★★★★★
費用 40,000円~80,000円(税抜)

ハイブリッドセラミック<自費>

ハイブリッドインレー<自費>

セラミックとプラスチックでできた詰め物です。セラミックより安価で、保険のプラスチックの詰めものより丈夫で長持ちします。 ただし、色調はセラミックより劣ります。金属を使用していないので金属アレルギーや歯ぐきの変色が起こりにくいです。

審美性 ★★★★☆
生体親和性 ★★★★☆
費用 25,000~50,000円(税抜)

ジルコニアクラウン<自費>

ジルコニアクラウン<自費>

金属を全く使用しない白いかぶせ物です。ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれ、金属と同等の強度を持っているため、割れにくく、歯を削る量を少なくすることができます。ただ、セラミックに比べ繊細な色をだすことができません。

審美性 ★★★★☆
生体親和性 ★★★★★
費用 60,000円~(税抜)

ファイバーコア<自費>

ファイバーコア<自費>

歯の土台に使う材質です。健全歯質を保存でき、金属を使用していないので、金属アレルギーや歯ぐきの変色が起こりにくいです。 自分の歯の硬さに近いので歯が割れたりする危険が少ないです。

生体親和性 ★★★★★
費用 20,000円(税抜)~

硬質レジン前装冠<保険適用>

硬質レジン前装冠<保険適用>

すべてプラスチックのため、色の変化がはやいです。

審美性 ★★☆☆☆
生体親和性 ★★☆☆☆
費用 約5,000円~6,000円
(保険の負担率が保険の改正により異なります)

いれ歯

ここでは自費で作れるいれ歯について説明しています。この他のいれ歯(マグネットデンチャー、コーヌス冠デンチャー)については直接、院長に御相談下さい。

金属床義歯

保険で作る義歯はアクリルというプラスチックで作られています。
プラスチックは咬む力に耐える為にある程度の厚みが必要になってきます。これが保険の義歯で違和感を覚える原因のひとつです。金属床義歯はアクリルの部分を金属におきかえることで厚さをうすくすることができます。
更に、金属は熱を伝える働きもし、食事もおいしくめしあがれるといわれています。

費用 100,000円~300,000円

ノンクラスプデンチャー

いれ歯の最大の欠点である銀色のバネを使用しないで、口元を気にせず、使用できるいれ歯です。

費用 100,000円~210,000円

ページトップへ