痛みを抑える炭酸ガスレーザーについて|綱島の歯科医院 │ せきのデンタルクリニック │ 綱島駅から徒歩2分

せきのデンタルクリニック

0455414618

メールでのお問い合わせ

WEB予約はこちら

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました。ドクターズ・ファイルサイトへ移動

お知らせ

痛みを抑える炭酸ガスレーザーについて

お知らせ 2016年12月14日

みなさんが歯医者と聞いてイメージするものは何でしょうか?

一昔前と大きく変わったとはいえ、まだ「怖い場所」「嫌な場所」といった感覚を抱いている方が多いと思います。

本人が以前に嫌な思いをしたこと、家族の誰かから怖かった体験談を聞かされて歯医者に悪いイメージを持っていることなど理由はさまざまです。

綱島にある、せきのデンタルクリニックでは、患者さんお一人おひとりのお話をきちんとお聞きし、施術の前に不安を解消してもらうことを第一に心がけています。

そして患者さんにとって一番痛みの少ない治療は何かを常に考え、そのために必要な設備を積極的に導入しています。その取り組みの一環として今回は治療に使う炭酸ガスレーザーについて説明します。


■炭酸ガスレーザーは痛みを抑えてくれる
炭酸ガスレーザーは、単一の波長からなるレーザー光を患部に照射することで、他の部分に熱損傷を起こすことなく、除去・切開できる仕組みです。そのため歯科医院だけではなく美容皮膚科でも、ほくろやイボの除去などに使われています。

その利点は、なんといっても歯医者と聞いて頭に浮かぶ、あの不快な音や振動がないこと。ドリルで削るのとは違い、痛みも少ないので患者さんへの負担を最小限に抑えることが出来ます。


■炭酸ガスレーザーのメリットとデメリット
1回の治療が短い。痛みがほとんどない。止血作用もあるので治癒が早い。そしてレーザーの殺菌効果により治療後腫れづらいというメリットばかり。

そんな炭酸ガスレーザーにデメリットはないのでしょうか。
厳密に言えばあります。ただしそれは、炭酸ガスレーザーそのもののデメリットというよりも、それをどう治療に使用するかに関わってきます。どういうことかというと、レーザー光は使用時、非常に高温となるため、その分扱いが非常に難しいのです。

すべての施術に炭酸ガスレーザーを使えば良いわけではなく、長所を知ったうえで適切に使用する必要があります。


■炭酸ガスレーザーの長所
歯周病や虫歯の初期症状では、殺菌効果があり、歯の歯質を強化してくれるので、レーザーは効果があります。しかし、症状が進行している場合、つまり象牙質まで虫歯菌が侵食しているときなどはやはり患部を削る必要が出てきます。

炭酸ガスレーザーが大きな力を発揮するのは、親知らずを抜くなどの施術です。「横に生えている」「奥まったところに隠れている」といった抜歯が難しいケースでは、歯茎を切開する必要があり、止血作用と殺菌効果のあるレーザーは打ってつけといえます。



■患者さんの気持ちに寄り添う治療方針
最新の技術を導入したとしても、それをしっかりと扱えなければ意味がありません。どのように利用すれば一番患者さんのためになるのか。当院では、それをしっかりと考え、なぜその施術を選択したのかをしっかりとお伝えします。

最近の調査によると、痛みが普通より出てしまう理由として不安やストレスなどが大きく関係していることがわかってきました。怖いと思う気持ち、これから何をされるかわからない不安が、痛みを抑える機能を邪魔していると言います。

当院では、常に院内を清潔にして、アロマの香りなどで患者さんがリラックス出来る環境を整えています。そのうえで患者さんのお話を丁寧にお聞きして、不安を解消してから治療をいたします。

技術的なものと心理的なもの、両方からアプローチすることで、思っていたよりも全然痛くなかったと驚かれる方も少なくありません。もし歯医者にネガティブなイメージを持っている方は、ぜひ綱島のせきのデンタルクリニックにお越しください。

ページトップへ